FX実践ブログ/ヨシロウFX

~ FXの基本から応用まで徹底解説!トレード記録・無料手法公開から最強自動売買ツール開発まで~

損切の重要性

FX投資で絶対必要な考え方を知る

FXの世界では、9割以上の人が安定して勝つことができず、負けている」のが現実なのです。

その理由は様々ありますが、負けている人のほとんどが当てはまる共通点がいくつかあります。

  • 日々相場の勉強をしない、継続できない
  • 損切りをしない、もしくはできない
  • 毎回の取引に一喜一憂する
  • トータルの損益に目が向いていない
  • 10万円を短期間で1億円に出来ると思っている
  • 自身の取引ルールがない、もしくは守れない

上に書いた項目は、負けている人の共有点です。僕自身も一度は経験した事のある項目ばかりです。これらの共有点を踏まえて、FX投資における非常に大切なポイントをお伝えしたいと思います。

本当に大切な事なので、ぜひ、FX取引をする前に読んで頂ければと思います。

損小利大が投資の本質

FX投資をするうえで、勝つための考え方として大切なのは、大きく儲けることではなく、負けないようにするためには、どうすればいいのかということです。負けてもその負けを極力小さくすることが必要です。

例えば、相場が上にいくのか、下にいくのかが2分の1の確率だとすると、あたる確率は50%ですね。50%というのは低い数字に見えるかもしれません。、しかしながら、実際に勝っている投資家やシステムの勝率は30%や40%だったりします。

彼らがやっているは、損切りは早くそして利益は伸ばすという「損小利大」の原則なのです。

では、、FXを始めたばかりの人は、「自分の取引が損小利大かどうかはどうやったらわかるの」という疑問を持たれていることでしょう。

そこで、多くの人が活用しているのが、バルサラの破産確率表です。

この表を正しく利用するためには、まず自分自身の

  1. 勝率:勝トレード数 ÷ 総トレード数
  2. 損益率:平均利益(pips) ÷ 平均損失(pips)
  3. プロフィットファクター:総利益 ÷ 総損失

の三つをいつも意識しておく必要があります。

例えば、あなたのトレードの平均勝率が70%だとします。これは非常に高い勝率です。しかし、損益率は0.2なので、あなたが破産する確率は98%にもなります。直ちに改善が必要ですね。

一つ一つのトレードの平均利益をもっと伸ばすか、平均損失を低く抑えれば良いのです。平均利益を伸ばすには、利益確定ポイントの読み方を深めれば良いでしょう。平均損失を低く抑えるには、損切りのルールを見直すと良いでしょう。この両方ができればベストです。

一方で、あなたのトレードの平均勝率が40%だとします。しかし、平均損益率は3です。すると勝率は低いにも関わらず、破産確率は1.5%になります。この場合、破産する確率は非常に低く、継続する事でトータルで利益が残っていくことになります。

しかしながら、最初はなかなかできません。人間は感情的な生き物であるから、どうしても利益は早めに確保して、損に対しては勝手な希望が強く働き、戻るまで待とう、という心理が発生してしまいます。

この心理に勝つためには、損切りのルールを決めて守るしか方法がありません。行き当たりばったりでは自分の気持ちに勝てるわけがないのです。

相場で儲けつづけるには、トータルでプラスにすることが必要です。そのため損切りは断固行う事が必要です。そうしなければ、負けずに100勝し続けても、その後に来た一度のミスですべてを失うことになります。

損切りをするということは、次にまた攻めることができる余裕を持つということでもあり、損切りしないとその含み損になっているポジションにすべてを託すことになりかねません。