ライントレード手法

FXの世界では非常に多くの手法が存在します。代表的な手法として、インジケーターを活用したものですね。移動平均線MACDRSIストキャスティクスなどがあります。

そんな中でライントレード手法は昔から非常に多くの人に人気であり、実際のリアル相場で面白いように機能しています。

さて、このページではFXライントレード手法を徹底解説していきます。

各項目を上から順番に読んで頂くことで、理解できるようにしております。


スポンサーリンク


FXライントレード手法の基礎と重要な考え方

まずは、FXライントレード手法の基本的な考え方や戦略を紹介していきます。

【超重要】誰でも簡単にトレンドラインと水平ラインを引く方法

トレンドラインや水平ラインを引く方法をお伝えします。水平ラインは簡単だと思いますが、特にトレンドラインは人によって引き方が変わってきますし、変な引き方をしていると、まったく勝てません。

そこで、ある一定のルールを決めてトレンドラインや水平線ラインを引くのが一番です。

そのルールを詳しく解説していきます。

⇒ 簡単にトレンドラインや水平線ラインを引く方法を詳しくみる

波の起点と数の考え方

FXライントレードの基本中の基本として、波と波をラインで引く必要がありますが、どこを起点として考える必要があるのか?また、波の数によって勢いの強弱が異なる事を知る必要があります。

⇒ 波の起点と数の考え方を詳しく見る

時間軸の決め方と考え方

FXでは週足から1分足まで様々な時間軸がありますが、どの時間軸がいいのでしょうか?

実は時間軸によって勝率と利益率が異なってきますので、自分のライフスタイルに合わせた時間軸を決定する必要があります。

また、時間足をコロコロと変えてしまうと、ライントレードの優位性が失われてしまう事も注意しておかないといけません。

⇒ 時間時の決め方と考え方を詳しく見る

上下の圧力を意識する

チャート上には様々なトレンドが存在しております。

上昇トレンド・下降トレンド・レンジ相場と様々がありますが、すべては上下の圧力がどちらに強いか?で判断することで、優位性がはっきりと理解できるようになります。

ぜひ、この考え方をマスターしてください。

⇒ 上下の圧力を意識するを詳しく見る

損切り位置と決済位置を考える

FXライントレードにおいて、損切位置と決済位置を決めることがとても大切です。

正しいラインを引けるようになると、損切位置と決済位置が明確になり、ほぼ機械的に考えることが出来るのが、ライントレードのメリットです。

⇒ 損切と決済位置を考えるを詳しく見る

利と損のバランスを考える

FXで一番大切とも言える利と損のバランスを意識する必要があります。基本は損小利大を意識すると同時に、危険な場合はすぐ逃げるという考え方も、ライントレードでは可能となります。

⇒ 利と損のバランスを考えるを詳しく見る

初心者におすすめの通貨は?

比較的動きが分かりやすく、ラインが機能しやすい通貨が存在します。初心者の方はもちろん、経験者の方も簡単な通貨を選ぶことが賢い選択です。

おすすめの通貨を紹介しております。

⇒ 初心者におすすめの通貨は?


スポンサーリンク


FXライントレード手法のいろんなチャートパターンを覚えよう!

FXは確率論で考える必要があり、どの形が出現したら、どこでエントリーすると優位性があるのか?を覚えておく必要があります。

このチャートパターンが出現したら、このように動く確率が高いので、ここでエントリーし、ここで決済するというイメージを描けるようになればOKです。

ぜひ、何度も過去チャートを振り返り、同じような形を自分で見つけて脳裏に焼き付けてください。

トレンドライン編

トレンドラインをメインとした様々なチャートパターンを紹介しております。

チャートパターン集 基本パターン

チャートパターン集 反転パターン

チャートパターン集 段々パターン

チャートパターン集 だまし復帰パターン

チャートパターン集 レンジパターン

チャートパターン集 ブレイクパターン

平行ライン編

編集中です。少しお待ちください。

FXライントレード手法の鉄板パターンは?

トレンドラインと平行ラインの組み合わせによる鉄板パターンが存在します。

市場に参加している多くの人が意識している形の為、優位性が非常にあります。

現在準備中です。お待ちください。

ラインによる反発・反転の判断方法とは?

さて、様々なチャートパターンを見てきました。その中で、トレンドラインや水平線ラインにしっかりと反発し、反転した時にエントリーすることが大切です。

では、ラインが意識された反発したと判断する方法はあるのでしょうか?

実は簡単に判断する方がありますので、ぜひ下の記事をご覧ください。

⇒ ラインによる反発・反転の判断方法とは?

まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする