FXライントレード手法・時間軸の決め方と勝率や利益率の関係性とは?

FXライントレード手法を考えるにあたって、時間軸の決め方と勝率や利益率の関係性に関して、解説していきます。

FXでは週足から1分足まで様々な時間軸がありますが、ラインを引く場合は、どの時間軸がいいのでしょうか?


スポンサーリンク


FXライントレード手法での時間軸はどれがいいの?

結論から言うと、どの時間軸でもOKです。ただし、時間軸によって勝率と利益率が異なってきますので、自分のライフスタイルに合わせた時間軸を決定する必要があります。

また、時間足をコロコロと変えてしまうと、よくわからなくなるので、まずは一つの時間足に絞ってトレードしても全然大丈夫と考えております。

参考としては、1通貨での一日のトレード頻度の目安をお伝えいたします。(あくまでも目安です)

  • 日足・・・1~2回/週
  • 4時間足・・・1回/1~2日
  • 1時間足・・・1~3回程/日
  • 15分足・・・3~5回程
  • 5分足・・・5~10回程/日
  • 1分足・・・10~20回程/日

デイトレード主体の人は1時間足や15分足がお勧めです。また、スキャル手法がお好きな方は5分足や1分足となります。

時間軸と勝率・利益率の関係性は?

さて、時間軸を選択する際に、勝率・利益率との関係性を考えておいた方が、後々精神的に良いと考えております。

一般的に、時間軸が短いほど、利益率は高くなり、勝率は悪くなります。

一方で、時間軸が長くなるほど、利益率は低くなり、勝率は高くなります。(手法に優位性がある事前提)。

5分足や1分足は動きが早く、だましやノイズが多くなるため、勝率が悪くなる傾向にあります。しかしながら、一日の取引回数が多いので、しっかりと優位性を確立できた手法であるならば、エントリーチャンスの多さでカバーし、一日で多くの利益を稼ぐことが可能です。

一方で、1時間足や4時間といった長期足の場合、当然エントリー回数は少なくなります。しかし、動きがゆったりしていうので、だましにも合いにくく、勝率は高まる傾向にあります。

どの時間足がいいのか?とは一概に言えませんが、ご自身のライフスタイルに合わせた時間軸を選択することが大切です。

まとめ

FXライントレード手法を考えるにあたって、時間軸の決め方と勝率や利益率の関係性に関して、解説しました。まとめますと、

  • 時間軸によって、勝率や利益率が異なってくる。
  • 自分のライフスタイルに合わせた時間軸の選択が必要。
  • デイトレードの場合は15足や1時間足が良い

FXライントレード手法TOPに戻る

スポンサーリンク