FXライントレード手法・上下の圧力を意識する

チャート上には様々なトレンドが存在しております。

上昇トレンド・下降トレンド・レンジ相場と様々がありますが、すべては上下の圧力がどちらに強いか?で判断することで、優位性がはっきりと理解できるようになります。

この記事では、現在相場にはどちらに圧力が強くかかっているのか?という点を、チャートの形を例に簡単に紹介していきます。


スポンサーリンク


FXライントレード手法・チャートの形で上下の圧力を意識する

チャート例 その1

上の図ですが、どちらに圧力がかかっていると思いますか?

すでに、答えを書いておりますが、当然上からの圧力が強く、下降トレンドを形成していることが分かると思います。

高値と安値がそれぞれ切り下がっている=価格が下へと動いている=下への圧力が上への圧力よりも強いという事が言えます。

当たり前の事を言っていますが、このような簡単な形で、「誰が見ても下でしょう!!」と思う場合でも、逆張りとして買いを仕掛ける人が多いのが現状です。

素直にチャートの形を見ていきましょう。

チャート例 その2

上の図は、下降トレンドからレンジ、そして上昇トレンドへ転換した図を示しています。まず、前項でお伝えしたように、下降トレンド中は上からの圧力が強いので、高値と安値が切り下がる形を形成し、価格が下がってきます。

そして、次にレンジ相場に移行します。レンジ相場では、上下の圧力が均等になっているので、価格がある一定の水準でとどまり、レンジ相場が形成されるわけです。

その後、レンジ相場を上に抜け、下からの圧力=買いの力が強くなって、上昇トレンドへ切り替わっていきます。

まとめ

さて、FXライントレード手法として、上下の圧力を意識する点をご紹介しました。

非常に簡単な例を紹介しましたが、後の項では様々なチャートパターン集を紹介しておりますので、チャートの形毎にどちらに圧力がかかっているのか?そしてそのバランスはどうなっているのか?という点をしっかりと意識して頂ければと思います。

FXライントレード手法TOPに戻る

スポンサーリンク