FXライントレード手法・ラインの引き方を徹底解説!初心者必見!

さて、FXでライントレード手法を使用するにあたって、ラインの引き方を知らないと話になりません。

ですので、この記事では、初心者から上級者向けの人に対して、ラインの引き方を徹底的に解説していきたいと思います。


スポンサーリンク


FXライントレード手法・ラインの引き方やおすすめルールは?

トレンドライン編

まずはトレンドラインの引き方やおすすめルールを解説していきたいと思います。

まずはこちらの図をご覧ください。(上昇トレンドラインを例として解説)

  1. どこでもいいので、起点となる安値を決めます。今回はⅰです。
  2. ⅰから価格が上昇し、高値と思われる①を形成し、その後価格が落ちてきて、ⅱの安値を形成しました。
  3. ⅰとⅱの安値を結んだラインを暫定的に引いてみます。(この時はまだトレンドラインが確定はしておりませんので注意!!)
  4. ①の高値を突破した段階で、先ほど引いたトレンドラインが確定します。
  5. ②の高値を形成した後に、価格が落ちてきて、トレンドライン付近まで来ました。この時に、初めて、ラインが機能しているかどうか?を判断します。
  6. ⅲの付近で、反発し価格が上昇し出した時に初めて買いエントリーが可能です。
  7. ②の高値を突破した時にⅲの安値が確定します。そして③の高値が形成し、また価格がトレンドライン付近まで下がってきます。反発が確認できれば再度買いチャンスとなります。
  8. 以下ⅳとvも繰り返しで同じ。

このような考え方をします。

つまり、トレンドラインを引くための基準となる安値ⅱは直近の高値である①を突破して初めて確定するわけです。ここが大切です。

そして、その他のルールとして、

  • 細かすぎる波は見過ぎないこと
  • それぞれの波が同じぐらいの大きさの方がベスト
  • 直近の高値や安値を突破したかどうかは終値+明確に抜けた時

あまりにも細かい波を見過ぎると、ノイズやだましが多くなるので、気を付けましょう!!また、波の大きさが極端に違う場合はトレンドラインを引くのはやめましょう。

この辺りは実際のチャートパターン集を見て頂ければと思います。

そして、ここが重要ですが、高値や安値を突破したと判断する場合は、明確に終値で抜けたと考えます。相場の多くの人が「これは抜けている・突破しているだろう」と考えるぐらい明確に抜けた時と考えます。


スポンサーリンク


水平ライン編

続いて、水平ラインです。(レジサポラインの事です。他の記事にも詳しく書いておりますので、参考にしてください ⇒ レジスタンスライン・サポートライン

水平ラインは特に難しくはありません。

単純に2回以上反発している高値or安値を水平線で結ぶだけです。

まず、1の高値があるとすると、単純に水平線を引いてみます。

そして、次にⅰの安値が形成されましたので、ここにも水平線を引いておきます。

その後、1の高値が意識され、あらかじめ引いていた水平線が機能し、価格が下がってきました。そして、次にⅰの安値も意識され、反発後、価格が上昇し、1と2の水平ラインを突破しました。突破したら水平ライン(レジスタンスライン)は反転し、サポートラインと機能しまして、3で反発しました。その後、①の高値で反発し、価格はⅰとⅱのサポートラインまで落ちていきましたが、過去に2回反発しているので、再度意識され、価格は上昇していきました……

いろいろと書きましたが、このように水平ラインを引くことで、どこで価格が反発する可能性が高いか?を判断することが可能です。

FXの世界では様々な手法がありますが、一番水平ラインが優位性が高いと個人的には考えております。

まとめ

FXライントレード手法・ラインの引き方を解説してきました。ぜひ、基本中の基本なので、ぜひマスターして頂ければと思います。

FXライントレード手法TOPに戻る

スポンサーリンク