FXライントレード手法・トレンドラインのチャートパターン集「反転」

さて、FXライントレード手法として、様々なチャートパターンを解説していきます。

今回は反転パターンです。上昇トレンドからレンジへ転換し、その後、下降トレンドになるようなケースです。さて、では早速見ていきましょう。


スポンサーリンク


チャートパターン集 反転の形1

最初の形としては、上昇トレンドもしくは下降トレンドからレンジ相場に移行し、反転する形です。

下降⇒レンジ⇒上昇

下降トレンドからレンジに移行した後に、上下の高値と安値にラインを引いておきます。そして、高値のラインを上にブレイクした後の押し目を狙うのが基本です。

高値のレジスタンスラインがサポートラインに転換したのを確認して買いエントリーします。

トレンドラインはⅰとⅱの場所が確定した後でないと引くことが難しいので、水平ラインがメインとなってきます。

利確場所としては、直近の高値で半分決済、残りの半分は伸ばせるところまで伸ばすのがオススメです。

上昇⇒レンジ⇒下降

上昇トレンドからレンジに移行した後に、レンジ相場の高値と安値にラインを引きます。そして、安値のラインを明確に下抜けた後に、戻しを狙うのが基本となります。

安値のサポートラインがレジスタンスラインに変換した後に、売りエントリーです。レンジ相場の時に高値の抵抗がしっかりと形成されていることがポイントです。

利確場所は直近の安値で半分決済し、後は伸ばせるところまで伸ばします。トレールストップがいいでしょう。

チャート例1

下降トレンドからレンジが形成され、高値を突破した後の、レジサポ転換で買いエントリーの場面。非常に綺麗な形ですね。

レンジからの突破なので、上昇の勢いが強くなるので、トレールストップも一つの戦略です。利を伸ばしていくことです。

チャート例2

こちらも同じ形ですが、損切になったパターンです。レンジの高値を上に抜け、レジサポ転換を確認して買いエントリー。

しかし、下降トレンドの勢いが強く、単なる戻りの形成後、再度下落していきました。このような時も当然ありますので、ルールに従って早めの損切を意識しましょう。

(損切位置はラインの下でしたよね。)

チャート例3

細かなレンジが形成されて、安値を下抜けた後、やはりレジサポ転換が確認でき、最初の陰線で売りのパターンです。

その後は急激に下落していきましたので、トレールストップを行い、決済で終了です。

チャート例4

次のチャート例も非常に綺麗な形のものですね。上昇からレンジ相場になり、安値を突破したのちに、価格が戻ってきて、レジスタンスラインとして機能しているのが分かります。

しっかりと波を描いて戻ってきている点に注目です。チャート例3は下落の勢いが強く、一気に下落していきましたが、チャート例4は綺麗に戻っている形です。

どちらを優先的に狙うかは人それぞれですが、例4の方がより意識される形ではあります。


スポンサーリンク


チャートパターン集 反転の形2

下降⇒上昇

続いても反転パターンですが、下降から急激に上昇に転換する場面です。一番大切な点として、下降トレンドの勢いが弱まっている事を確認する事(安値更新したら、あまり伸びずに、すぐに戻ってくる形)と上昇の勢いが強い事です。

上昇が始まり、一番注目する点としては、戻り高値を上に突破したかどうか?です。

戻り高値を上に抜けた=下降トレンド終了と判断できますので、戻り高値の水平ラインを引いて、サポート転換した時に、買いエントリーです。

その後は、上昇の波を形成するたびに、トレンドラインを引いて、買いを繰り返していきます。

上昇⇒下降

さっきの形を逆さまにしただけです。上昇トレンドが継続している中で、急激な価格の下落が始まり、押し安値を下に明確に抜けた後、戻りを捉えて売りエントリーします。

後は、トレンドラインを引けるところに引いて、売りを繰り返します。

では続いて、実際のチャートを見てみましょう!!模式図のようにきれいな形が出現するのは稀です。

チャート例1

上昇トレンドから下降トレンドに転換したケースです。非常に綺麗なチャートの形なので、例として解説します。

山3つのトリプルトップが形成されていますが、今はそこに着目しません。戻り安値を下に勢いよく抜けた後に、サポートがレジスタンスラインとして機能している(チャート例は少し深めに戻しております)事を確認して、売りエントリーが基本です。

トレンドラインも引けるようなら、引いて、基本の3点目で反発を確認できれば、売りを仕掛けてもOKです。

チャート例2

こちらもチャート例1と同じような形です。押し安値を下に抜けてから、少し深めに戻した後に、急落しています。

チャート例3

下降トレンドから上昇トレンドに急激に変化したケースです。戻り高値が一旦意識されているのが良くわかります。その後、上に抜けて、レジサポ転換を確認してから、買いエントリーです。サポートラインよりも深く戻してきていますが、頻繁に起こる形なので、ラインを下に抜けてから、再度戻ってきて、意識されているのが見て取れます。

小さめの波にトレンドラインを引いていますが、引けるようなら基本の3点目で買いを仕掛けるのもOKです。

チャート例4

こちらは損切になったパターン。勢いよく、反転し上昇してきましたが、下降トレンドの勢いが強い相場でしたら、このような事も多くあります。

損切はサポートラインの下なので、素早く逃げて次のチャンスを待ちましょう。

まとめ

さて、FXライントレード手法・トレンドラインのチャートパターン集「反転」を見てきました。非常に綺麗な形のチャートを多く載せましたが、いつも形通りに動く事は有りませんので、ご注意ください。

でも、多くの人が意識する形なので、優位性はかなりありますので、ぜひ練習してみてください。

FXライントレード手法TOPに戻る

スポンサーリンク