教えて!レバレッジってなに?

レバレッジについて

レバレッジとは「テコの原理」と訳されるのが一般的で、実際の運用資金の数倍~数百倍の金額で取引することができます。これをレバレッジといいます。

例えば、10万円を初期の資金として運用したとします。

1ドル100円の場合、1000ドル(1000通貨)しか買うことが出来ません。しかし、レバレッジが25倍の時、10万円×25倍 = 250万円の資金があると仮定して、取引を行う事が出来るのです。この場合、25000ドル(25000通貨)も買うことが可能となります。

その後、1ドル101円に上昇した時に売ると、

  • レバレッジなしの場合: 1000ドル×101円 = 101000円 (1000円の利益)
  • レバレッジ25倍の場合: 25000ドル×101円 = 125000円 (25000円の利益)

利益の大きさが全然違いますよね!! このレバレッジ効果によって、10万円もあればたいていのFX会社で取引が可能となります。

このように、レバレッジは使い方次第で、大きな利益を生むことができるのです。一方で、逆に大きな損失を被る可能性も当然あります。

また、一般的にレバレッジが高いとリスクが大きいと思われがちですが、そのをしっかりと理解すれば、その効果をより有利に使う事ができるようになります。

少ない資金で大きな利益を出すことが出来るこの仕組みは、FXの醍醐味でもあるので、上手く味方につけたいですね。


スポンサーリンク


ハイレバレッジは危険?

前項では、レバレッジに関して詳しく解説しました。では、レバレッジは何倍までかけることができるのでしょうか?

日本のFX会社では規制により、25倍までが限度となっています。一方で海外のFX会社では200倍や400倍、中には1000倍までレバレッジをかけることができるところもあります。

このような事を聞くと、「レバレッジ設定の高いFX会社は危険」という考えを持つ人も多くいるかと思いますが、それはまったくの誤認です。

レバレッジ50倍設定のFX会社に100万円を入れて取引したら、100万円×50倍で5000万円の取引を強要されるといったものではないのです。

大切なのは自分がもつべきポジションの数や量であって、レバレッジが何倍なのか?は大事な事ではありません。

例えば、レバレッジ100倍設定で資金が10万円の人(1000万円分の取引が可能)と1000万円(10億分の取引が可能)の人の違いを考えてみましょう。

1ドル100円の場合、資金10万円の人が5万通貨を買いました。しかし、その後、1ドル99円に下落してしまい、損失は5万通貨×1円 = 5万円となります。

元の資金が10万円しかないのに、5万円もの損失は大きすぎますよね? 1回の取引で資金の50%が無くなってしまいました….

一方で、資金が1000万円の人が、同じ5万通貨で取引しても、1000万円も資金があるので、5万円の損失は許容範囲ですね(資金に対して2%の損失)。

このように、取引会社のレバレッジに目を向けるのではなく、自分の資産の額と持っているポジションの量・損失額のバランスをしっかり考えることが大切なのです。

まとめ

  • レバレッジとは、小さな資金で大きな利益を生み出すことができる仕組み
  • 日本のFX会社では25倍までレバレッジをかけることが出来る
  • 大切な事は、自分の資産の額とポジション量との比率を考えること
スポンサーリンク