通貨ペアってなに?

ヨシロウ
次は通貨ペアに関して解説するよ
アヒルくん
通貨ペアって具体的になんなの?
くまちゃん
どれだけの種類があるのかな?

通貨ペアとは?

世界には多くの国と多くの通貨があります。FXでは、2つの通貨の交換レートの値動きに対して投資できるという金融商品です。

この2つの通貨の組み合わせの事を通貨ペアと言います。

為替レートは、通貨と通貨の交換レートだから、通貨の組み合わせの数だけの通貨ぺアが存在する事になりますね。

例えば、「ユーロ」と「ドル」と「円」の3つの種類の通貨の場合を考えてみましょう。この場合、それぞれの組み合わせである「ユーロ/円」、「ドル/円」、「ユーロ/ドル」の3種類の通貨ペアができます。

通貨ペアの表記の順番は決まっており、「円/ユーロ」にはならない。これはそうゆうルールなので、深く考えず、素直に覚えよう。

マイナー通貨ペアもたくさんあるけど….

上の図はFXで取引されている通貨を一覧です。南アフリカからトルコまであるけど、どれがいいのでしょうか?

実際に取引する際の知識としては、米国・ユーロ・日本・イギリス・スイスを中心に、カナダ・オーストラリアの通貨ぐらいまでのメジャーなものだけで十分です。 

世界の経済でも、為替市場でも、米国以外の国の通貨も多くなってきていますが、まだまだ世界の中心の通貨はドルであるといってもいいと思います。

そのため、初心者の人はドル通貨をまずは選択するのが一番無難です。

一方で、ニュージーランドや南アフリカ、トルコなどの経済的にもマイナーな国の通貨も取引する事が可能です。

しかし、これらはマイナー通貨と呼ばれ、高金利という魅力がありますが、経済規模が小さく不安定で、自分の大切なお金を預けるには不安定要素の方が大きいと言えます。

また、メジャー通貨に比べてスプレッド幅が広いのもデメリットです。

FX会社はたくさんありますが、その中で最も多くの通貨ペアを扱っている取引会社は、170種類以上の通貨ペアを取引する事ができます。

そんなに必要なのかは疑問ですね。


スポンサーリンク


取引する通貨ペアは絞る方が良い

通貨ペアの数は非常に多いことをお伝えしましたが、実際にFXで取引を行い、利益をあげるうえで、そんなに多くの通貨ペアは必要ないのが現状です。

マイナー通貨になればなるほど情報も少なく、変動幅も大きくなりやすいため、取引する際には気をつけないといけないからです。

FXをはじめるなら少なくとも最初はメジャー通貨、特に一番なじみのある「ドル」、「円」、「ユーロ」、「ポンド」の組み合わせから入るのがオススメです。さらに、通貨ペアを絞るなら、一番取引量の多い「ユーロ/ドル」と日本人に馴染みのある「ドル/円」で十分です。

メジャー通貨で取引するメリットとしては、相場の動きが比較的分かり易く、取引量が多いので、スプレッドも狭く設定されている点です。

知識の補完として、対ドルの通貨ペア (「ユーロ/ドル」「ドル/スイス」「ポンド/ドル」「ドル円」など)をドルストレート、対円の通貨 (「ユーロ/円」、「ポンド/円」、「フラン/円」など)をクロス円と呼ばれています。

「豪ドル」「NZドル」「カナダドル」などは資源国通貨とよばれており、その名の通り、資源が豊富な国なので、資源関連ニュースに注目が集まったりします。

また、スイスは永世中国なので、戦争やテロなどが起こった時などはリスク回避目的に買われることがあります。

このような情報は頭の片隅に置いておく程度で十分です。

まとめ

  •  FXで取引する2つの通貨の組み合わせのことを通貨ペアと呼ぶ 
  • 実際に取引する際には、メジャー通貨、特にドル・円・ユーロ・ポンド系で取引するのが無難
  • メジャー通貨は相場の動きが比較的分かり易く、スプレッドも狭いので初心者向き
  • 対ドルの通貨ペアをドルストレート、対円の通貨をクロス円と呼ぶ。
ヨシロウ
通貨ペア中でもメジャー通貨とマイナー通貨があることがわかったかな?
アヒルくん
で、結局どの通貨ペアでやろうかな…
くまちゃん
初心者向けのユーロドルとドル円で取引するぞ!

スポンサーリンク