FXと株式の違い

ヨシロウ
次は株式投資との違い
アヒルくん
あ、株式投資なら僕もやってるよ。あれもいいね♪
くまちゃん
それぞれの違いをしっかり理解しなくちゃ。

株式投資とは?

株式投資とは、利益を得るために企業が発行する株を売買することです。

株価の変動要因としては、企業業績が大きく関わっていますので、初心者にとって業績が良くなる会社の株を見極めるのは容易ではありません。

しかし、正しい知識を身につけ、きちんと情報収集を行うことで初心者でもしっかり運用することができます。

株式投資の魅了として、3つのポイントを紹介します。


スポンサーリンク


1. 値上がり益

株価は毎日変動します。買った時よりも高い株価の時に株を売れば、その差分が利益になります。これはFXの為替差益と同じ原理ですね。

2. 株主優待

株主優待制度のある企業の株主になれば独自商品やサービス等の特典を受けられます。

これも、株式投資の中で大きなメリットです。この株主優待だけで暮らしている人もいるぐらいです。

3. 配当金

会社が稼いだ利益の一部が株主に分配されます。利益の大きな会社ほど配当金も大きい傾向にあります。

FXと株式の違い一覧

FX 株式会社
取扱金融期間 FX業者・証券会社など 証券会社など
取引方法 売り・買い両方出来る 売り(信用取引)買い両方できる
取引レート 24時間常に稼働している 9時から15時(お昼休みをのぞく)
為替手数料 多くの業者は無料となっている 無料
取引時間 土日を除く24時間 9時から15時(お昼休みをのぞく)
取引期限 特になし 特になし
利益機会 円高・円安どちらも可能 基本買いのみだが、信用取引で売りも可能。
資金効率 レバレッジ運用が可能 レバレッジ運用不可
投資対象数 約50通貨 4000以上
リスク管理 多彩な注文方法でコントロール可能 限定的な注文方法でコントロール可能

上の表に、FXと株式投資の特徴を比較しています。

投資を始める時に、FXか株かどちらにしようかと悩んでいる人も多いと思います。

実際に、FXと株式投資の決定的に違う点としては、投資対象・取引時間・資金効率です。

1. 投資対象

FXは為替に投資します。実際に、投資する対象となる通貨ペア数は約50程です。

世界の基軸通貨である、米ドル、日本円、英国ポンド、欧州のユーロ、カナダドル、高金利通貨として人気の豪ドル、NZドル、南アフリカが主な取引多少通貨です。

一方で、株式投資は企業が対象となります。投資対象は日本株では約4000種類もああります。

ですので、投資する株式が仕事柄日常的にかかわりのある企業であったり、自分の好きな商品を販売している会社になったりするケースも多いですね。

そういった意味では、株は非常に身近な世界に投資していると言えるかもしれません。しかし、投資対象が多いので、初心者にとっては、銘柄を絞るのが大変です。

2. 取引時間

FXは平日24時間売買が可能です。このあたりが、FXが主婦やサラリーマン、学生にも人気である大きな要因ですね。空いた時間に取引できるというのが最大の利点でもあります。

一方で、株式投資では午前中は9時~11時30分、午後は12時30分~3時までが取引可能となっています。

日中仕事をしている人には多少ハードルが高いかもしれませんね。そのため、株式投資では、FXとは違い、ポジションを長期に保有し、利益を上げていこうと考える人たちの割合が多くなっています。

3. 資金効率

FXではレバレッジ効果がありますので、少ない資金からでも始めることが可能です。FXで1万通貨単位が目安となるので、レバレッジのおかげで、10万円あれば開始することができます。

このメリットのため、多くの人がFXを手軽に始めることができます。

一方で、株式では多少の資金が必要となります。

例えば、トヨタ自動車の株価は6000円(2017年7月)です。100株単位での取引なので、6000円×100株で合計60万円必要となります。このように、株式では投資する銘柄の株価によって変わってはきますが、ある程度の資金が必要となります。

以上をまとめると、FXと株でどちらが良いのかは一概に言うことができません。自分のライフスタイルや性格を見つめ直し、相性の良い方に投資するのが一番のベストなのかもしれませんね。

最後に、FXを選んだ際のメリットをまとめてみましょう。

まとめ

  • 24時間取引可能
  • 倒産やストップ安がない
  • 投資対象がほどよい数
  • 金利収入がある(スワップ金利)
  • 少数の筋が故意に動かしにくい
  • 注文方法が多彩
  • レバレッジが活用できる。
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。