トレンドに乗るのは無理って知ってた!?

ヨシロウ
FXで買いなのか売りなのかを決める時に、相場のトレンドって大事だね。でも、トレンドに乗るのってプロでも難しいことを知ってた?
アヒルくん
いやいや、じゃあどうやって考えるのさ!?
くまちゃん
トレンドに乗るってどういうことだ!?

トレンドは後になってから分かるもの

よく、FXで儲けるためには「トレンドに乗れ」とか言うが、実際にトレンドにはなかなかのれません。

「明確なトレンドができた」と思い、その方向にポジションを取った頃には時すでに遅し、反転の始まりだったりすることがよくあります。

どのような場面でも、利益はリスクをとってはじめてついてくるのです。実のところ、リスクのない投資はないと考えた方がいいでしょう。

トレンドとは、その多くの場合が後付けだったりします。「トレンドに乗る」などとかっこいいことは考えずに、まずは目先の動きに追従するように心がけるべきです。


スポンサーリンク


トレンドに乗るよりも大切なこととは?

追随した後は、適切なポジション管理をすることが重要です。

そして、利益が出たポジションだけを伸ばしていくと、それが後で見ればトレンドになるというイメージです。

その「後からみればわかるトレンド」にのれなかったポジションは損切をすればいいのです。

ちなみに、トレンドには大きくわけて3つあります。「上昇トレンド」、「下降トレンド」、「揉み合い=レンジ」です。

この「トレンド」といつものは、どの時間足でみるかやどの時間軸をみるかによって見え方が大きく違ってくるのもやっかいな点です。

テクニカル分析を学ぶことはFXを行う上でとても重要ですが、テクニカル分析だけでトレンドが発見できても簡単にそれに乗れるわけではないのです。

ポジションがあって、適切なポジション管理がある条件の上で、その結果、トレンドに乗れた、乗れなかったということになるのが本来の姿なのです。

また、相場についていくだけでいいと言いましたが、ついていくにしても、現在の相場の趣向や大きな流れとしても方向性を把握する事で、勝率をアップさせることができます。

トレンドに乗るのではなく、日々の適切なポジション管理が結果的にトレンドにのっていたという状況を与えてくれるはずです。

変動こそチャンス!

相場は変動こそがチャンスです。

大きく動くとリスクが大きいですが、相場に参加する絶好の機会を失ってしまうことになりがちです。

確かに、大きく動くときは損する時も多いが、その分取り返す機会もあるわけです。

何度か損切りしたポジションがあっても、一度のトレンドにのってその利益を伸ばせば、トータルでプラスになる可能性が高いのです。

一方で、動かない相場は損失にもならないが利益にもなりません。方向感がなく、動かない時こそ参加しないことを選択すべきです。

スポンサーリンク