命金でトレードするな、感情移入するな

投資は大原則として、余剰資金ですべきと言えます。余剰資金とは使う予定がなく、最悪の場合なくなっても生活に困らないお金のことです。


スポンサーリンク


なぜ「余剰資金」なのか?

余剰資金でやらなければいけない理由のひとつは、当然のことですが、負けた時に困るからです。

しかし、それ以上に、お金に余裕のない状態でやるので、精神的にも余裕がなくなり、トレードに悪影響が出るからです。

きちんとした資産運用をするためにも、借りたお金や目的がすでにきまっているお金、近い将来使うかもしれないお金では始めないことです。

何度も言いいますが、投資は精神的なものが多く作用します。物理的にも精神的にも余裕のある状態でFXの取引をしてほしいですね。

また、ちゃんと余裕資金で始めたにも関わらず精神的に余裕がなくなってしまう事態も避けたいです。

レバレッジをかけすぎて自分の許容以上のポジションを持つと、そういう事態に陥りやすいです。

なお、含み損状態になると人間は、感情的になり、なぜかリスク許容度があたってくるらしく、損を取り返そうと必死になる人もその傾向があります。

FXは元本が保証された商品ではないため、残念ながら退場する人もいます。実際、世の中には、投資に向いていいない人も多いのが現実です。

ブログなどでよく見るのは、取り返すまでやめないと意気込んでいる人。

資産を増やすことが目的のはずなのに、いつの間にか原資を取り戻すことが目的となっているのです。

もしもの時は撤退する勇気ももってほしいと思います。一度撤退して、しばらく休んでから再開したらコツがつかめたという人もいますので。大切なのは暴走しない事です。人生も投資もそうですね。

ポジションに感情移入するな

ポジションに感情移入するのも投資を行う上で大きなマイナスです。

自分のポジションに感情移入して有利なように考えてしまうひとが多いのが現実です。

そうなると冷静な分析ができなくなります。ストップロスの設定を外したり、ナンピンしたりと、奈落へ向かう第一歩となりやすいのです。

すでに持っているポジションに対して、より有利なレートで買い増すことによって持ち値の平均値を下げること。

例えば、1ドル100円の時に買いポジションを持ったが、99円に下がってしまいました。

でもここから上昇すると考え、99円の時にもう一つ買いポジションを持ちます。もし99円50銭までレートが上昇すれば損は打ち消されますよね。

しかし、さらに下落してしまうと損失はかなり大きくなってしまうので、リスクが大きすぎる取引方法です。

投資において重要なのは、希望ではなく、目の前で起こっている現実をきちんと把握する事です。

相場には多くの人の思惑や欲望がうごめいています。自分だけの希望が通るほど甘くない世界です。

むしろ、自分の希望とは違う方向に相場が予想以上に加速して動いてしまうのが相場のセオリーとも言えます。

何度も言うように、FXは非常に自由な投資ツールなので、パチンコ・パチスロのようにも使えるし、一攫千金を狙うことも可能です。

しかし、それをやって何人中何人が成功するかを考えれば、非常に分の悪い賭けをしていることになります。

「必勝法」や「30万円を1年で1億円にした」などといった本や情報にも気を付ける必要があります。

ネットの情報教材には気を付けよう

すべてが嘘とは言えませんが、特にネット上には詐欺的なものが多く存在します。

「勝率100%、誰でも儲かる」などと謳って、高価な情報や冊子を買わせる手口が非常に多いです。

必勝法が存在しないとは言わないですが、必勝法は期間限定であることが多いのが現実です。

また、30万円を1億にするのも不可能ではないですが、その手法は誰でも簡単に実践できるはずがないのです。

勝利100%の理由は過去のデータに当てはめただけのものだったりもします。

冷静になればわかることだが、人は儲けたいと思うとなかなかそれを維持できないようです。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。