移動平均線

ヨシロウ
インジケーターの中でも代表的な移動平均線について解説するよ
アヒルくん
役立つの?

くまちゃん
カラフルな色付きの線なら何度かチャート上で見たことがあるな


スポンサーリンク


移動平均線とは?

テクニカル指標の中でも、世界で一番使われているものが、移動平均線になります。

これは絶対、理解していて損はないです。

移動平均線とは「過去一定期間の終値の平均値を線で結んだもの」 です。

たとえば、5日移動平均線というと、過去5日間の終値の平均値で計算ができます。

例を図で説明します。

1日から10日の日足の終値とその日を含む過去5日間の平均値をグラフで示しています。

水色の線グラフは日足の終値を繋いだ線を示しております。

また、オレンジ色は5日移動平均線を示します。

このグラフより、右肩上がりに移動平均線が推移しているので、「今の相場は買い優勢だ!!」と考えることが出来るのです。

今回は5日移動平均線を例にしましたが、それぞれの時間足でも表示されます。

例えば、

1時間足での20移動平均線や5分足での100移動平均線など、組み合わせは無限大です。

1時間足20移動平均線とは、1時間足のローソク足の終値を過去20個分までさかのぼり、平均値を結んだ線となります。

移動平均線は多くの人が使っており、トレンドが今どちらの方向なのか?どのくらいの強いトレンドなのか?を見るものとして、非常に役立ちます。

移動平均線の傾きによって、どのくらい強いトレンドなのか?が判断できます。

  • 傾きが急な右肩上がりの移動平均線 = 強い買い相場 (みんな買っている)
  • 傾きが緩やかな右肩下がりの移動平均線 = 弱い売り相場 (売っている人が多い)

一般的によく使われている移動平均線として、20移動平均線・25移動平均線・75移動平均線・200移動平均線になります。

移動平均線と価格の位置関係

また、移動平均線と価格の位置関係により、トレンドが変わったことを判断できます。

上の図はUSDJPYの5分足チャートに20・75・200の移動平均線を示しています。

200移動平均線は右肩下がりであり、下降トレンドを示しています。

また、75移動平均線も右肩下がりです。一方で、20移動平均線は下がったり上がったりとしています。

ここでの考え方は、例えば、

  • 200や75移動平均線である大きなトレンドは下降トレンドだから、売り目線でいこう。
  • でも、小さなトレンドを示す20移動平均線は今右肩上がりとなっており、買い目線だ。
  • 20移動平均線が右肩下がりになり、下降し出したら、売りエントリーしよう!!

このように考えます。

また、トレンドが変わるかな?と判断する簡単方法としては、

現在の価格が移動平均線を超えてきた時です。

価格が移動平均線の下にいたが、移動平均線を上に超えてきたので、売り目線ではなく、買い目線に切り替えます。

このように判断していきます。

移動平均線は支持線や抵抗線となる

また、移動平均線は、下値支持線や上値抵抗線になることを解説したいと思います。

簡単に言いますと、移動平均線が、今の価格の上にあり、価格が移動平均線にタッチしたら、一旦跳ね返る = 抵抗になることが多いということです。

上の図はUSDJPYチャートに20MAを示しているものです。

20MAが抵抗となり、価格が反発している箇所が多いことがわかると思います。

私がよく使う方法ですが、

現在、20MAよりも上に価格があります。そして、価格が下がってきて、上の図のように、20MAを明確に(終値で)下抜けてきました。

この時、チャンスと考えます。その後、相場の特徴で、一旦戻ってきて、20MAが今度は抵抗として働き、タッチした後に、再度下落していきました。

この、タッチした時に売りでエントリーすることが多いです。

このように、移動平均線は抵抗やサポートとして、機能していることが重要な点となります。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。