RSIを使いこなそう

このページでは、FXでRSIの使い方からだまし等の注意点まで初心者向けに徹底解説したいと思います。


スポンサーリンク


RSIとは?

RSIとは簡単に言うと、買われすぎか売られすぎかがわかるオシレーター系代表です。

移動平均線やボリンジャーバンドはトレンドをみつけるテクニカルだが、RSIは「売られすぎか」「買われすぎか」を教えてくれるテクニカル指標です。

一定期間のなかで上昇した値幅がどれぐらいあるのか?その上下に動いた値幅のパーセンテージを算出したものがRSIとなります。

では、実際にチャートに示してみます。USDJPYの5分足チャートにしめしています。

赤色の線がRSIと呼ばれるもの・右の縦軸には0から100までの%が示されています。

一般的に

  • 70%以上になると買われすぎ
  • 30%未満になると売られすぎ

を示しています。

さて、では実際のRSIの動き方を見てみましょう!!

価格の動きとRSIの動きがよくに似ていることが分かるかと思います。

価格が上がればRSIも右肩上がりになり、価格が下がれば、RSIの右肩下がりになっています。

移動平均線みたいな感じでとらえられるので、分かりやすいですね。

また、RSIは現在上か下かのどちらにパワーが強いのかをすぐに判断できます。

その方法は、50%よりも上にいるのか?下にいるのか?だけです。

50%上にいれば買い優勢・下にいれば売り優勢となります。

RSIの基本的な使い方

さて、RSIの実際の使い方を解説しようと思います。

RSIは買われすぎ・売られすぎを示すテクニカル指標であることを紹介しました。

ですので、基本は逆張りでエントリーします。

買われすぎの70%以上になれば、売り

売られすぎの30%以下になれば、買い

と判断します。

しかし、ながらだましも存在します。

RSIの苦手な相場としては、強いトレンドが出た時です。

強い買い相場にあるときは、ずっと70%以上の範囲で張り付いてしまうこともしばしばあります。

このような時にだまし回避としては、私はよく移動平均線を使用しています。

上の図では、20MAを示しています。RSIが70%以上になりました。ここで売りを考え始めます。

そして、移動平均線が横ばいになり、価格が下回ってきたら、売りでエントリー。

決済は、30%のところです。

このように、移動平均線を組み合わせることで、だまし回避ができることも多くありますので、ぜひ、利用してみてください。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。