ローソク足の基本を学ぼう

ヨシロウ
チャートに示されているローソク足の解説をするよ
アヒルくん
ローソク足って面白い形してるよね
くまちゃん
いろんな形があるけど、どういう意味があるんだろう

このページでは、FXのローソク足の基本を初心者向けにわかりやすく解説していきます。チャートを見る際に最低限必須となる知識なので、しっかりと学んでいきましょう。


スポンサーリンク


ローソク足の各名称

ローソク足の構造について、詳しく解説します。

ローソク足は、一定期間における相場の4本値(始値、終値、高値、安値)を1本の棒状に表して並べ、一目で相場の流れを分かるようにしたものです。

ある期間のマーケットの動きが一目でわかるというのがポイントで、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足など、期間によっていろいろ種類があります。

すなわち、5分足の場合、一本のローソク足は5分間の値動きを示しており、5分経つとローソク足の終値が確定し、次のローソク足の形成が始まるという流れです。

英語ではキャンドルチャートと呼ばれております。

ローソクは、始値から終値までを「実体」で表されており、

  • 始値よりも終値が高い場合 ⇒ 「陽線」
  • 始値よりも終値が安い場合 ⇒ 「陰線」

と呼ばれています。陽線なら上昇の力が強く、陰線なら下降の力が強い事を示しています。

また、期間中にその実態を上下にはみ出して高値・安値をつけた部分の一本線を「ヒゲ」と呼び、実体から上にはみ出しているひげを「上ヒゲ」、下にはみ出しているヒゲを「下ヒゲ」と呼びます。

高値:日足の場合は、1日の中で一番高い値段のこと。週足の場合は、1週間の中で一番高い値段のこと。

終値:「おわりね」と読みます。日足の場合は、その日の一番最後についたレート。週足の場合は、1週間の最後のレート。

始値:「はじめね」と読みます。日足の場合は、その日の一番最初についたレート。週足の場合は、1週間の最初のレート。

安値:日足の場合は、1日の中で一番安い値段のこと。週足の場合は、1週間の中で一番安い値段のこと。

ローソク足の作られ方

さて、ローソク足はどのように形成されていくのでしょうか?

上の図は、一例として、陽線と陰線のローソク足の形成の流れを示しています。

陽線の場合:始値から価格がスタートし、一旦安値をつけて、その後、上昇し、高値をつけて終値となる。

陰線の場合:始値から価格がスタートし、一旦高値をつけて、その後、下降し、安値をつけて終値となる。

このローソク足の形成の流れが一般的なものです。しかしながら、ローソク足の形成のパターンは他にもあります。

では、その他のパターンも見てみましょう。

このパターンは始値⇒安値⇒高値⇒安値の順に価格が推移した例です。指標発表などで相場が荒れた日によく起こるパターンです。

このように、同じローソク足でも形成の仕方は異なる事を頭に入れておきましょう!!

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。