自己紹介とFXの魅力

「FXのススメ」にお越しくださりまして、ありがとうございます。

私は管理人のヨシロウと申します。現在30歳です。

ここでは、FXの魅力を皆様にお伝えさせて頂こうと考えております。

さて、FXをはじめる理由は人それぞれだと思います。

  • 単純にお金がほしい
  • もっと裕福な暮らしがしたい
  • 会社に勤めていたら、自由な時間がほとんどない
  • 会社の人間関係が煩わしい
  • 借金があるから返済したい
  • 自由な時間がほしい
  • なんとなく
  • 友人から聞いて、面白そうだから
  • 夢がある・希望がある

などなど、理由を挙げるとキリがありません。

私はというと、

24歳で、社会人になり、夢と希望でいっぱいの気持ちで仕事に臨んでいました。

しかし、結構な激務でした。

気が付いたら、朝7時から夜9時頃までほぼ仕事をし続けていました。

平均14時間/日

「なんか違うなあ~」と日々思っていました。

現在、サラリーマンの年収が700万程あります。

1か月の平均平日日数は22日

700万円÷12÷22日 = 26515円/日

26515円/日÷14時間 = 1893円/時

時給1893円です。

どんなに頑張って働いて、マネージャー・部長になっても、

所詮、年収3000万程度です。

お金は多少あるでしょうが、自由時間なんてほぼありません。

土日もおそらくないでしょう。

こう考えていると、やっぱり 「なんか違うな~」とモヤモヤしていました。

なんか自分で稼げるものはないのか?

副業でもやってみようかなと考え、いろいろ検索しました。

投資用マンション・せどり・アフィリエイト・株・FX

いろいろやりました。 せどりは最高月20万まで稼げましたが、正直ハードワークです。

そんな中、徐々にFXの魅力にひかれていきました。

  • 土日を除く、24時間市場が動いているので、いつでも取引できる。
  • 一度、相場観・手法を身に着けると、一生使える
  • どこでも好きな時に、お金を引き出すことができる「夢のATM」
  • パソコン1台あればOK
  • 時給100万円も夢じゃない

しかし、最初は舐めてました。損切を入れないという初心者によくありがちなミスをして、

一晩で50万飛びました。

それがきっかけで本気で勉強する為、いろんな教材を買いました。

総額200万以上使いました。

けど、自分の性格に合った手法が見つかりませんでした。

今思えば騙されていたものもありました。

しかし、いろいろ勉強したことが結果としてつながったと思っています。

中にはFX=ギャンブルと考えて、興味を持たない人もいます。

非常に損をしていると思います。

  • お金に困らない
  • 自由な時間が持てる

なんといってもFXはここが魅力です。

  • 家族と一緒に過ごす時間が増える
  • 自分の好きなことが一日中できる。
  • 豪遊できる
  • 自分の好きな趣味や仕事に没頭できる。
  • 好きなものがなんでも買える

モチベーションはなんでもいいです。

考えただけでもテンションが上がってきます。

さて、FXの難易度ってどのくらいなんでしょうか?

稼げている人に聞くと、「そんなに難しくない」と必ず言います。

でも、稼げていない人に聞くと、「こんなに難しいのか!!もうやめようかな」と言います。

私の一個人の感想ですが、

FXで稼ぐ難易度は 

「偏差値50の高校受験ぐらい」

と考えています。

義務教育で、中学校はほぼ全員入学します。

そこで、3年間勉強するわけですが、当然、勉強の出来・不出来は個人差があります。

偏差値50の平均の高校にはいきたいと考えている人は、 毎日、ある程度、授業を聞いて、テスト前にはそこそこ勉強して臨み、

受験シーズンには多少必死で勉強すれば、合格するでしょう。

弁護士試験や東大入試のような難しさではないです。

まだFX未経験者やこれから始めようと思っている方には、

難しく考えず、取り組んで頂きたいと思っております。

極端な例になりますが、

将来、30年・40年とお金に困らない自由な人生を送る為に、目先の半年から数年の間をFXの勉強に捧げる選択肢と、

めんどくさいからいいやと、今の現状のままで、生きていく選択肢と、

どっちがいいのかな?

と考えてみると、やっぱり、私は前者を選択します。

ここはその人の価値観や意識の違いで明確に違ってくるとは思いますが、

多くの人がそのように感じるのではないでしょうか?

その夢を実現するために、少しでもこのサイトが役立てればいいなと 願っております。

有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする