様々なチャートの表示期間

ヨシロウ
チャートにはいろんな表示期間があることを学ぶよ
アヒルくん
いろいろありすぎてどれを見たらいいのかな?
くまちゃん
目線がコロコロ変わりそう

このページでは、FXのチャート期間の意味を初心者でも分かりやすく解説しております。



スポンサーリンク


分足から月足までチャートの表示期間は様々!

チャートの表示期間は多くの選択肢が存在しています。

1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足・月足など、数多くの表示期間の変更がチャート上で可能となっています。

それぞれの時間足に設定した時の呼び名があり、例えば15分足にした場合は「15分足チャート」と呼ばれます。

FXをこれから始める初心者の方には「どの表示期間に設定したらいいのだろうか?」と悩まれている方も多いと思います。

私自身も、どの時間足をメインで取引したらいいのかを長年悩んでおりました。

ここではオススメの設定方法をお伝えします。

トレードスタイルに合わせて表示期間を設定する!

表示期間を選ぶポイントは2つあります。

  1. あなたのトレードスタイルに合わせる
  2. 表示期間の違うチャートを同時に見る

まず1つのポイントである「トレードスタイルに合わせる」とは投資期間の事です。

  • エントリーから利確までの期間が数か月~数年先を見据えた「長期投与」
  • 数日~数週間程度先を見据えた「スイングトレード」
  • その日のうちに売買を完結させる「デイトレード」
  • 数分から数時間で売買を繰り返す「スキャルピング」

それぞれどのスタイルで取引を行うかによって見るべきチャートが変わってきます。

目安としては、

  • 長期投資 ⇒「週足・月足」
  • スイングトレード ⇒「日足・4時間足」
  • デイトレード ⇒「時間足・5分足」
  • スキャルピング ⇒「15分足・1分足」

まずはこの時間軸で取引を行い、徐々に自分が取引しやすい設定を見つけていけばいいと思います。

続いて、2つ目のポイントである「表示期間の違うチャートを同時に見る」に関してです。

例をあげるとするなら、デイトレードをやってみたいのであれば、時間足チャートと5分足チャートの両方を見てほしいと思います。

つまり、時間足チャートで全体の相場の動きを確認し、5分足チャートを見て売買するタイミングをはかるという使い方です。

プロの投資家は主にこのような使い方をしています。

このようなテクニックは、実施に取引を始めて、経験を積むことで上達することができます。

いわゆる「木だけを見て、森を見ず」の状態では投資の世界で勝てるようにはならないのです。

そのことをしっかりと頭に入れておけば、勝てる投資家に一歩近づく事ができるでしょう!!

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。