フラッグ型を極めよう

ヨシロウ
次はチャートパターンのフラッグ型に関して学んでいくよ
アヒルくん
フラッグって押し目や戻りの時によく出現する形だよね!?
くまちゃん
確かによく見るよね!

このページはFXのチャートパターンである「上昇フラッグ・下降フラッグ」の考え方を解説しております。


スポンサーリンク


フラッグとは?

フラッグとは、トレンド中の押し目や戻りの時によく形成されるチャートパターンです。

高値と安値を交互に形成しながら、一定の間隔で推移していくのが特徴的です。

上昇トレンド中に出現するフラッグ型を「上昇フラッグ型」、下降トレンド中に出現するフラッグを「下降フラッグ型」と呼ばれています。

典型的なフラッグ型は、形成された高値と高値・安値と安値を結んだ水平線がそれぞれ平行になるのが特徴です。

そして、上昇トレンドなら上にブレイク、下降トレンドなら下にブレイクするのが一般的です。

フラッグ型をチャートで解説

では実際のチャートで見てみましょう。

リアルチャート上では、きれいな平行線を引けることは稀です。

しかし、高値と安値(山と谷)を繰り返しながら、じりじりとトレンドとは反対の方向に推移している場合、

「フラッグを形成しているのではないか?」と予想する必要があります。

収束型のフラッグ

フラッグ型として、収束していくパターンも存在します。

フラッグ形成途中で意識すべきこと

上の図はすべて形成された後のチャートを示していました。

結局後付けで、誰でも後から見ればフラッグが形成されていると分かりますよね?

本来ならば、フラッグが形成されている途中で「あ、これはフラッグが形成されているかもしれない」と気づくことが大切です。

では、どの点に注目すればいいのでしょうか?

今から解説します。

上昇フラッグの場合

  1. 上昇トレンド中である事をしっかりと確認する (確認の仕方はナズヨシオリジナル手法で解説)。
  2. 2つの高値が形成されたら(高値が切り下がっていることが条件)、その高値を結んだトレンドラインを引く。
  3. そのトレンドラインを安値まで平行移動させる。
  4. 上にブレイクしたらエントリーする。

下降フラッグの場合

  1. 下降トレンド中である事をしっかりと確認する
  2. 2つの安値が形成されたら(安値が切り上がっていることが条件)、その安値を結んだトレンドラインを引く。
  3. そのトレンドラインを高値まで平行移動させる。
  4. 下にブレイクしたらエントリーする。

まずは、高値→安値→高値の時もしくは安値→高値→安値の時に、フラッグが形成されることを予想し、

あらかじめトレンドラインを引いておくことが大切です。

このように価格の動きをあらかじめ想定し、予想しておくことで、確実にエントリーすることが可能なのです。

まとめ

  • フラッグとは、トレンド中の押し目や戻りの時によく形成されるチャートパターン
  • 上昇トレンド中に出現するフラッグ型を「上昇フラッグ型」、下降トレンド中に出現するフラッグを「下降フラッグ型
  • あらかじめトレンドラインを引いておき、ブレイクしたらエントリーする
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。